飲食店を営むことは大変です。

3月 4th, 2015

私の友人は、学生時代からお付き合いしていた彼氏と結婚し、現在彼氏のご実家が営んでいる飲食店(和風定食やお茶菓子をいただけるお洒落なお店)で夫婦で働いています。
二人は付き合いも長く、彼氏方の身内ともすでに付き合いがあったため、機転の利く頑張り屋の彼女なら何の問題もなくうまくやっていると思っていました。
ところが、久しぶりに会った彼女からは以前の余裕が感じられず、何とも疲れた様子でした。
いろいろ話を聞いて、自営業の大変さをひしひしと感じることができました。
何といっても一番大変なことは、「人材」にかかわることなんだと分かりました。ざっくり言ってしまえば、アルバイトやパートの雇用問題や雇った後の仕事面でのトラブルなど、次から次へと起こるとのことでした。
例えば、ご主人のお義母さまの知り合いを雇ってあげてほしいとお願いされ、雇用したものの仕事がとてもいい加減で、本音は辞めてもらいたいけど知り合いという理由で強くも言えず毎日不満が募っていくそうです。やはり身内での事業っていうのは相当難しいものがあるようですね((+_+))
こんな感じで、お店の切り盛りはすべて任せられているように見えても、実は身内から意見や指図されることも日常茶飯事で、ご主人もほぼ従っている状態とのことでストレスがとんでもなく溜まっている様子でした。また、昔に営業不振になったときにできた借金(ノンバンクで事業融資を受ける)の返済がまだ残っているみたいで毎月その返済にも追われているそうです。今は事業もうまくいっているみたいなのですが、開店当初は大変だったようです。その借金も早く返済したいがために毎月の売り上げをあげるために彼女は必死にお店のために働いています。もちろん旦那様も同じですが・・・
この他、地元の行事などには積極的に参加するとのことで、お客様商売ですからある程度は覚悟していたものの想像以上に付き合いが多く、店休日にも仕事以外で駆り出されることがかなりあるとのことでした。ちなみに、飲み会はご主人の担当とのことですが、そういう町の付き合いも大切にしていかないといけなんだと思うと、子育てしながらおかみさん業をこなす彼女は本当にすごいなと頭が下がる思いです。

我が家のハムスターが寒すぎておはぎみたいになってた(笑)

ハムスター 寒い まるまる

 

カテゴリー: 未分類 |

コメントをどうぞ